メリット多数!瞑想の効果とやり方、習慣にするコツを解説

日々の生活に役立つこと
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)

今回は、私が一年ほど前から習慣に取り入れてすごく効果を感じた、【瞑想】について記事にしたいと思います。

この記事でわかること

  1. 瞑想の効果、メリット
  2. 瞑想のやり方(姿勢や呼吸法など)
  3. 瞑想を習慣にするコツ

まず初めに、瞑想についてはどのような印象をお持ちでしょうか?

インドのヨガ?仏教の修行?そんな感じのイメージをお持ちだと思います。私もその通りのイメージでした。瞑想の起源は5000年前のインダス文明にまでさかのぼるそうです。

ずいぶんと長い歴史があるんですね~

起源を掘り下げるとすごく長くなりそうなので今回は置いておきましょう^^

その長い歴史のある瞑想が、近代さまざまな研究で色々と私たちにとって良い効果をもたらしてくれるということで、最近非常に注目されているようです。

有名人では、元メジャーリーガーのイチロー選手や、ミュージシャンではマイケル・ジャクソン、レディ・ガガ、ビジネス界ではスティーブ・ジョブズや、ビル・ゲイツなど、ジャンルを問わず素晴らしい功績を残している人たちが実践しています。

では、具体的にどんなメリットや効果があるのか見ていきましょう。

瞑想のメリット

  • 思考が整理され頭がスッキリする
  • 集中力、記憶力が向上する
  • 不安の減少やストレス耐性が向上し、精神状態が安定する
  • 睡眠の質が向上する
  • アイデアが浮かぶ

などの効果があると言われています。

実際に私が一年ほど瞑想を続けて、記憶力以外はすべて実感しました。特に思考が整理されるというのはとても強く実感しました。

では、実際に瞑想をどのようにして行っているのか書いていきたいと思います。

この方法は実際に現在行っている方法で、私がいくつかの書籍などを読んで組み合わせ、だんだんと改良していったオリジナルの方法です。とても簡単なのでぜひ試してみてください^^

瞑想のやり方

  1. まず、 頭頂部を糸で吊り上げられているイメージで、まっすぐ背筋を伸ばして座ります(座り方は、椅子でもあぐらでも何でもいいです)
  2. 次に、各腕の親指と人差し指を軽くつけ、膝の上に行きます。(瞑想中寝てしまった時に指が離れて気づくように)
  3. 軽く目を瞑りゆっくりと呼吸します。(4秒位で吸って8秒くらい掛けて吐くペースで)
  4. 好きな時間続ける

これだけです。私はこれを家から出かける前に、5分~20分位行います。

この瞑想をすると初めに色々な思考が頭に浮かんできます。これが世間で雑念と言われているものですが、瞑想中「雑念を考えてはいけない」と思わず『自分は今こんな事を考えていたな』という風に客観的にみて、ただその事実を受け入れてください。

「寒いな」とか「花がかゆいな」とか思ったら『今寒いと感じているんだな』『花がかゆいと感じているんだな』というようにただ受け入れて何もしない。

これを繰り返していくうちにだんだんと考えることが無くなって頭の中が空っぽになっていくような感じがします。すると、脳の中から何か変なものが分泌されるのか、ふわーっと心地いいような、気持ちいいような感覚になります。この状態をしばらく続けると、今度は夢を見ているような感じになり、考えてないけど映像が浮かんできたりすることがあります。

瞑想の習慣を取り入れ始めて最初の内は、なかなか深い瞑想状態に入るのが難しく、効果も感じられないかもしれませんが、初めは一分だけでもいいので、姿勢を整えて目を閉じてみてください。

続けている瞑想もだんだんと上手になり、効果を実感できると思います。

瞑想で最も大切にしていること

  • 姿勢をまっすぐにする
  • ただ受け入れる
  • ゆっくり呼吸する
  • 毎日やる

私のやり方では、座る姿勢も決めず、時間も決めていませんが、心の中でマントラという言葉を唱えたり、時間を決めてタイマーをかけたり、座禅を組んだりと自分が深い瞑想に入る方法を色々と模索してみるといいとおもいます。

最後に私が瞑想の事を調べていて一番印象残った言葉を書いて終わりたいとおもいます。

【あまり難しく考えず、毎日の習慣にすることだけを意識してほしいと思います。瞑想に失敗はありませんから】

コメント

タイトルとURLをコピーしました