2020年12月【コロナ感染者数急増!】投資 資産状況チェック

世界に投資する
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)
こうへい
こうへい

あけましておめでとうございます。

2021年になりました。

1月の相場が始まらないうちに12月の投資している資産状況の状況を確認していきたいと思います。

ブログを開設してから毎月行っているので合わせて読んでいただければと思います。

まとめたページはこちら

この記事では

  • 現在の相場の状況
  • 12月のニューストピック
  • 投資している資産の推移
  • 今後の展望と投資プラン

についてまとめています。

2020年12月 資産状況チェック

12月の相場状況

まずは現在の相場の状況を確認しましょう。

日経平均が直近高値を更新

先月バブル崩壊した直後から29年ぶりの高値となった日経平均株価は、さらに上昇し27000円を突破しました。

しかし、実際にはまだ7割ほどの企業の株価はコロナショック以前に水準に戻っておらず、好調な一部の銘柄に資金が集まり株価を押し上げているようです。

S&P500市場最高値更新

先月から好調だった米国株も順調に株価を伸ばしています。

ドル円は円高のトレンドをキープ

先月に引き続き円高に向かっており、現在は1ドル103円前半で推移しています。

2017年くらいから長い間続いているトレンドですが、いったいどれくらいまで円高に進んでいくのしょうか?

12月のニューストピック

コロナウイルスの感染者数急増

コロナウイルス感染拡大の第3波が訪れ、新規感染者が急増しています。

これを受けて政府は年末年始のGoToトラベルの全国一斉停止を決めました。

まだまだ実態経済が回復していない中でのこのニュースは、経済的にはかなり厳しいものに感じます。

イギリス・アメリカでワクチン接種開始

イギリスでは12月7日から、アメリカでは12月14日から新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました

臨床試験では高い有効性が示されていますが、実際に集団免疫を獲得するにはまだまだ時間が掛かりそうと言うことです。

以上の状況を踏まえて、資産の状況をチェックしていきたいと思います。

日本株の状況

日本株は高配当株をメインに投資しています。

ネオモバイル証券

まずは単元未満で購入している株を見ていきたいと思います。

投入している資金はこちら

投資元本は619,694円含み益が+39,390円となっています。

保有している銘柄と株数などはこちら

単元株

次は楽天証券で購入している単元株です。

投資元本は1,026,137円で、含み益が+22,623円となっています。

日経平均の上げ幅に比べて、私の保有している株は上がっていないように感じます。

しかし、価格を維持してくれれば配当金で利益確保できるので問題無いと思っています。

日本株全体でのセクター割合

保有している株の時価総額を業種別にグラフにしました。

11月とほとんど変化ありません。

日本株はこのまま放置でも良いと思っていますが、12月はボーナス月だったので今は現金を厚めに持っています。

そこで、1月はネオモバイル証券でちょこっとだけ買い増そうと思っています。

何を買うのかはその時に次第ですが、割合の小さいセクターを増やそうと思います。

外国株

投資信託

投信はS&P500と全世界株式のインデックスファンドをメインにしています。

投資元本は661,000円含み益が+91,591円となりました。

毎月定期購入しているだけで安定して含み益も出ていて、インデックス投資の優秀さを実感できます。

引き続きこのまま積み立てていきたいと思います。

米国ETF

米国ETFは高配当系を中心に購入しています。

投資元本は1,039,486円含み益が+90,493円になっています。

円高の影響で先月よりも含み益は減っていますが、ETFの価格は上昇傾向です。

1月は米国ETFも現金比率を下げるためにほんの少しHDVの購入を考えています。

配当・分配金

銘柄(日本個別株)配当金(円)※税引き後
旭化成597
双日80
SUBARU112
丸紅220
コマツ144
武田薬品503
センチュリー21383
三菱商事196
住友商事196
兼松エレクトロニクス157
蔵王産業246
伊藤忠商事71
三井物産128
KDDI96
キトー20
三井住友FG455
沖縄セルラー63
リケン84
ノエビア164
アマダ73
NTT758
オリックス391
三菱UFJリース266
東京海上754
日本エス・エイチ・エル100
アビスト407
オリックス2789
三菱UFJFG997
タカラレーベン319
ニコン1594
合計12363
銘柄(米国ETF)分配金(米ドル)※税引後
VIG4.79
VYM20.92
SPYD52.65
HDV15.25
合計93.61

今月は配当集中月で日本株からは12,363円、米国株からは93.61ドルの利益になりました。

これで配当・分配金の合計は30248円 193.23ドルとなりました。

今までは実現損益がマイナスでしたが、配当・分配金が積み重なってマイナス分を補うことができました。

とても嬉しいです。

今後の展望と投資プラン

先月に引き続き日本もアメリカも株高が続いています。

これは世界各国の金融緩和の政策を織り込んで、紙幣が多く供給された分未来ではインフレして株価は上昇していくというのが世間的な見方のようです。

正直、これから株価どこまで上がるのか、すでにバブルになっているのか私には分かりません。

含み益が増えて行けば御の字ですが、コロナウイルス感染者の急拡大などもあり実体経済が回復するのはまだまだ先になりそうです。

ワクチンの接種開始など明るいニュースもありましたが、効果が思ったほど期待できない、収束が想定より遅れるなどの事態になるとまたいつ株価が急落してもおかしくありません。

暴落した時に買い増せる現金を持ちつつ、現状の上げ相場にも乗っかっているというスタンスが理想じゃ無いかと思います。

ということで、私はボーナスで余っている現金を少しだけ投資に回しつつ、守備的な目線で相場と向き合っていきたいと思います。

12月まとめ

  • 株式相場は日米共に好調
  • 円安のトレンドが継続
  • 新型コロナ感染者急増
  • 英米コロナワクチン接種開始
  • 配当金が実損を上回る
  • 今後の相場はわからないので守備的に

投資元本 3,346,317円 評価損益 +243,430円 実現損益-40,266円 配当・分配金合計 30248円 193.23ドル

コメント

タイトルとURLをコピーしました