【必需品】バックパックで世界一周するなら購入すべき持ち物と選び方

世界一周に向けての準備
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)

世界一周の旅で必要な道具は何を準備したらいいんだろう?

バックパックで世界一周するとなると、気になるのが持ち物ですよね。

「たくさん準備するものがありそうだけど、何を新しく買ったいいのかわからない。」

そんなことを思う人も多いんじゃないんでしょうか?

実は、バックパッカーには

「これは旅に持って行け」

という必需品たちがあるんです!

この記事では、これから旅の準備をするならこういうものを購入したほうがいいよという道具をまとめています。

実際に旅人達が持っていてよかったと感じたものを厳選しています。

使いどころや選ぶポイントなども合わせて解説しているので、参考にして頂ければと思います。

バックパックで世界一周するなら購入すべき必需品

日用品

メインのバックパック

まずはメインで背負う大型のバックパックです。

使用する人の体格にもよりますが、50L~60Lが最もよく使用されます

長いあいだ背負うことになるので、自分にあった物を選びたいですね。

アウトドアショップなどで詳しい人と相談しながら選ぶと良いでしょう。

サブバック

メインのバックパックの他にひと回り小さいバックも必要です。

前側に背負って貴重品などを入れたりするのにつかいます。

現地を観光する時はメインのバックは宿に預けて、サブバックで街中に向かいます。

30Lくらいのものが主流です。

盗難のリスクを下げる為にあまり目立たない色で、ブランドロゴなども見えにくいものにしておいた方が良いとされています。

また、雨の日も利用するので防水のモノを用意しましょう。

バックカバー

バックにかける防水用のカバーです。

雨などからバックを守るために使いますが、防犯の役割をすることもできます

スリが多い国などでは、バックのチャックを開けられて中身を盗まれることがありますが、カバーで覆うことでチャックを露出させなくて済むようになります。

寝袋

野宿をする予定が無くても、宿が見つからなかったり、空港で一晩明かさなければいけないことがあります。

軽くてコンパクトに収納できるものをひとつ持っておくようにしましょう。

盗難防止グッズ

カギを無くす心配がないためダイヤル式のものがおすすめ。

  • 南京錠
    (ロッカーなどにつける)
  • ワイヤー
    (南京錠では形状が合わない時に使用)
  • 長さのあるもの
    (バックをベンチなどにつなげておく)

など複数のタイプを用途別に用意しておきましょう。

タオル

すぐに乾いてコンパクトにたためるスイムタオルがおすすめ。

電子機器

SIMフリースマホ

現地の情報を調べたり、地図を出したり、宿や航空券を予約したりと何かと使用します。

カメラの代わりにもなる万能ツールです。

現地でSIMを入れ替えて使うことがあるので必ずSIMフリーのものを用意しましょう。

モバイルバッテリー

スマホの電池が無くなった時の為に1つは持っておきたいです。

海外は停電が起こることが多い地域があるので、明かりを照らすライトの機能がついているものが便利です。

コンセント変換プラグ

海外は日本とコンセントのタイプが異なり、そのままでは使用できません

コンセント変換プラグはほとんどの形のコンセントを日本と同じタイプのものに変換してくれるので、用意しておきましょう。

マルチタップ

コンセントの数を増やしてくれます。

複数人が同じ部屋で寝泊りするドミトリー形式の部屋では、コンセントが足りずに取り合いなることがあります

海外は日本と電圧が異なるので、100Vに変換してくれる機能を持ったものを選ぶと良いでしょう。

衣類

Tシャツ

3枚程度もっていれば良いと思います。

洗濯してすぐに乾く速乾性の生地(ポリエステルなど)のものが良いです。

長袖のTシャツとしてユニクロのヒートテックも1枚持っておくと、防寒も兼ねてべんりです。

ズボン

半ズボンでも長ズボンでも好みのもので、Tシャツと同じように薄手で乾きやす物をメインに使用すると良いでしょう。

デニムなどの丈夫な生地のものも1本持っておいて、合計で3~4本で十分でしょう。

防寒着

暑い地域でも夜になったら冷え込むことがあるので、必ず1着は持っておたほうが良いでしょう。

ユニクロのウルトラライトダウンがコンパクトに収納できておすすめ。

雨具

ポンチョタイプのものがバックごと覆えて便利。

すぐに取り出せる折りたたみ傘も持っておきましょう。

防水のマウンテンパーカーも一枚あると少し肌寒い時に羽織れるので便利。

旅人にとって靴はとても重要です。

基本は3足持っていくのが良いでしょう。

  • トレッキングシューズ
    (寒い地域や悪路で利用)
  • 水陸両用のサンダル
    (普段もっとも良く履く)
  • シャワー用のサンダル
    (飛行機などでもリラックスできる)

帽子

暑くて日差しが強い国で持っててよかったと思う一品。

コンパクトに折りたためるものがあります。

サングラス

暑い国では日差しが強いことが多いです。

目を保護する為に一つは持っておきたいところ。

メガネをかけている方はJINSのSwitchシリーズがおすすめ。

腕時計

時刻を確認するために必要です。

スマホで確認できますが、治安の悪い地域では盗難のリスクを高めます。

腕時計を選ぶ時も安価で時刻をあわせやすいアナログのものを購入しましょう。

世界の時間を自動で修正してくれるような機能のものはきちんと機能しないことが多いです。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、これから購入するならこんなものを購入すると良いという視点で旅の必需品についてまとめてみました。

世界一周に持っていくものは細かいものを含めるともっとたくさんあります。

荷物が増えると旅が大変になってしまうので、できるだけ1つのものに色々な役割を持たせて、コンパクトにまとめていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました