【最高効率】世界一周までに英語力を身に着けるための具体的な方法

英語を身につける
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)

世界一周を始めるまでに英語を身に着けておきたいなぁ。

どんなふうに勉強すればいいんだろう?

数日間の海外旅行であれば、全然英語ができなくても行ってこれますが、世界一周ともなると、まったくの英語力ゼロというわけにはいきません

今英語ができなくても、旅立ちまでにある程度の英語力を身につけたいですよね。

しかしこれまで英語の学習をしていない人は、なにから手をつけていいのかわからずに、結局勉強を始められないという風になってしまうと、いざ旅立った時にどうにもならずに困ってしまいます。

そこでこの記事では、世界一周の旅に出るまでにやるべき英語の勉強法を具体的に書いていきます。

科学的な根拠と自分の経験から大事だと感じたことを書いているので、ココにある内容で1年ほど真剣に勉強すれば、海外でひとり旅する程度の英語力が確実に身に付きます。

世界一周までに英語力を身に着けるための具体的な方法

なるべく長い時間、英語に触れる

期間:2~3か月

映画やドラマを見まくる

英語の勉強をすると決めたら、まずは英語に慣れる為になるべく長い時間英語に触れましょう


一番いい方法としては、海外ドラマや映画を見ることです。

おすすめなのはディズニー映画です。

子供が楽しめるようにわかりやすい言葉や、大きなリアクションで作品が表現されているので、勉強を始めたばかりの人にもお勧めです。

実際に見る時は、一回目は日本語字幕で見て内容を把握、二回目以降は英語字幕で見て文字と耳にした言葉が一致するか確かめます。

何度か英語字幕で見たら、字幕なしで聞き取れるかどうか、文章が浮かんでくるかどうかをテストします。

このテストが重要で「これであってたっけなー」と思い出すことが記憶の定着につながります。

子供向けの内容が苦手な人は、好きなジャンルで大丈夫です。

何度も同じ映画を見ることになるので、苦手なジャンルより、好きな内容で勉強するほうが飽きたりして苦痛にならず、モチベーションを保てます。

何度見ても飽きない好きな映画で学習しましょう。

英語字幕で見られる動画配信サービスについてはこちらの記事にまとめてあるので、あわせてお読みください。

スピードラーニングを聞きまくる

映画だけでは歩いたり運転して移動する時や、洗濯物を干したりする時など画面を見られない時に英語の勉強ができません

そこでおすすめなのがスピードラーニングです。

聞き流すだけで英語が話せるようになるわけではありませんが、聞いて学習することに特化した教材なので、画面を見なくても学習効果が高いです。

料金プランがいくつかありますが、おすすめなのは

『スピードラーニングα』です。

勉強する期間が世界一周に旅立つまでなので、すべての高いお金を出してすべての商品を購入する必要はありません。

スピードラーニングαは年間プランなら月々1980円ですべてのコンテンツが聞き放題になります。

この後の勉強にも必要になってきます。

1年程度の限られた期間だけ集中して勉強するために投資してもいい金額だと思います。

スピードラーニングは私が実際に使っていてレビューしている記事があるので合わせてお読みください。



2~3か月ほどこうして英語を常に聞きている生活を送れば、

「なんとなく聞き取れるなぁ」

という感じになってきます。


文法をさらっと学び、英文を書いてみる

参考書を使う

期間:1か月

英語に慣れてきたなぁと思ったら、映画を見ていた時間を文法の学習に使いましょう。

といってもガッツリ勉強するわけではなく、英語にはこんなルールがあるんだなぁ程度に理解するように学びます。

ある研究で、英文法を勉強したグループと、しなかったグループに分けての言語習得の理解度を調査したところ、勉強したグループの方が2倍ほど理解が進んでいたという結果が出ました。

英文法についても学習しておいた方がいいんですね。

英文法を勉強するにはいろいろな参考書を使うよりも、一冊にしぼったほうがいいです。

文法を学ぶ目的が『知っておく程度』でいいので、何冊もやるのは時間がもったいないし、表現も変わるので頭がこんがらがってしまいます。

おすすめの参考書は


『Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル』です。

毎日1時間くらいの学習で30日で終わる内容になっています。

中学で習う最低限必要な内容がわかりやすく解説されています。

テキストと練習問題がセットになっていて、一冊で完結できるのも魅力です。

実際にやり終えた時の感想を書いた記事があるので合わせてお読みください。



スピードラーニングを文字に起こす

期間:1か月

英文法を一通り学んだら、スピードラーニングで聞いた内容をノートに書き写して、文字に起こします。

すると、

「勉強した文法はこのこと言っていたんだな

「この表現はこれだな」

「ここはこういう風に分割できるんだな」

といった感じで、文法を勉強した実感できます。

しかも、一度文字に起こした内容は驚くほどしっかりと聞き取れるようになり、すんなりと耳に入ってくるようになります。

一見面倒に感じますが、必ずやってほしい工程です。


ここまで4~5か月勉強を続けていると

完全に「あれ!?なんか実力ついてきたな!」

と実感するようになってきます。

実際に英語を使ってみる

期間:旅立ちまで

オンライン英会話をやる

力がついてきたと感じて来たら、実際に使ってみて自分の実力を確かめてみましょう。

これが最も重要です。

確かめる方法は『オンライン英会話』です。

実際に外国人を話してみることでいろいろ分かります。

「意外と会話ができて楽しい」

「聞き取れるけど言葉が出てこなくて返答できない」

「やっぱり聞き取れない」

実力がついたのを実感したり、伝えられないもどかしさを感じたり、やっぱり言語は難しいと感じたり。



たくさんの感情が出てくると思います。



自分に必要な学習法を知ることができるので、これまでやってきて勉強が足りないと思ったところをやり直してみたり、効果があると感じた方法をさらにやりこんだりして、実力を底上げしていきましょう。


おすすめのオンライン英会話サービスは

『DMM英会話』です。

業界最大手で信頼の実績があります。

オンライ英会話は最初めちゃめちゃ緊張しますが、講師の方がすごく丁寧に接してくれるので、はじめてでも安心です。

毎日レッスンが受けられるので確実に英語力をつけることができます。


DMM英会話を始めてやった時の感想をまとめた記事があるのであわせてお読みください。

※ネット上には得体の知れない高額のオンライン英会話がたくさんあるので注意しましょう。


TOEICを受験してみる

自分の実力を知るということに関しては『TOEICリスニング&リーディング』を受験するというのを是非やってもらいたいです。

リスニングとリーディングを5つずつの項目に分けて分析してくれるので、自分の弱点を知るのにもってこいです。

そして、TOEICの点数を知ることで、『Lexile指数(読解レベル)』がわかり、洋書をたくさん読む多読の勉強法に活用することができます。

しかし、ここまでたくさん勉強してきたのに「思ったより点数が悪かった」ということになるかもしれません。

TOEICで高得点を取るには、ある程度TOEICように対策して勉強しなければいけません。

受験する目的はあくまで苦手な部分や得意な部分など、自分の実力を知って今後の勉強に活かすことなので、あまり高得点を取ることに固執しないように気をつけましょう。

まったく対策しないで、TOEICに臨むのはさすがに不安だというのであれば

『スタディサプリTOEIC®L&R TEST対策』がおすすめです。

スマホのアプリなので少しだけ空いたスキマ時間でもTOEIC対策ができます。

受験が初めてで、「対策と言っても何をすればいいのかわからない」という方でも、TOEIC対策専用に作られているので順番にやっていけばいいので、安心して利用で得来ます。

専用のコーチがついて指導してくれるので、モチベーションになるし、ひとりで勉強するよりも効率よく学習できます。

レビュー記事もあるので合わせて読んでいただければと思います。



英語の本をたくさん読む

英語で書かれた本をたくさん読む『多読』という勉強法は、かなり効果の高い方法として知られています。

先ほども少し出てきましたが、TOEICを受験することで、自分の『Lexile指数(読解レベル)』を知ることができます。

その数値に合わせて本を選ぶことで、『多読』の効果を最大限発揮っすることができます。

文字にもたくさん触れて、読むことにも慣れていきましょう

多読をするには『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』に登録するのがおすすめです。

月額980円で120万冊以上の洋書が読み放題になります。

更に英語の学習法についての本や、世界一周を経験した人の書籍など、英語の学習以外の本もたくさんあるので、さすがにコスパが良すぎです。



以上が【世界一周までに英語力を身に着けるための具体的な方法】です。

これらの勉強法を1年程度反復して真剣に勉強していけば、世界一周に必要な英語力が身に付きます。

おすすめできない勉強法

最後に私はあまりおすすめしない勉強法について紹介したいと思います。

それは、英語の学習塾に通うことです。

理由は2つ

  • 英語に触れる時間が短い
  • 値段が高い




1つ目は「駅前留学」などのように週に1回、塾に足を運んで1時間ほどの授業を受けるだけで英語を身に着けるのはかなり難しいです。

これまで見てきたとおり、英語を身に着けるのに最適な方法は

「できるだけ長い時間、たくさんの英語に触れる」ことです。

2つ目は値段が高いことです。

塾に通うとなると、少なくとも月々10000円ほどの月謝がかかってしまします。

それなら、これまで紹介してきたサービスに登録しながら方が圧倒的に効率よく勉強ができます。


もっと短期で英語を習得したいなら

「1年なんて時間かけられない!」

「もっと短期で英語を身につけたい」

という方もいると思います。

そんな場合は世界一周に出る前の1か月~3か月ほど、フィリピン留学して英語漬けの日々を送るのがおすすめです。

アメリカやオーストラリアに留学する場合に比べて物価も安く費用が半額以下で済みます。

毎日外国人と話すことで、旅に出ても物怖じしなくなれます

まとめ

  1. 映画やスピードラーニングで常に英語に触れる
  2. 文法をさらっと学ぶ
  3. 聞いた英語を文字に書き起こす
  4. オンライン英会話をする
  5. TOEICを受験する
  6. 洋書を多読する

これらを反復してやっていきましょう。

  • 英語学習塾はおすすめしない
  • 短期で身につけたいならフィリピン留学

できるだけ順番にやっていった方が効率がいいですが、気になったものからやっていっても良いと思います。

一番大切なのはやろうと思った気持ちを即行動に移すことです。


しかしまだ、この記事の内容で本当に英語が身につくのか心配な方がいるかも知れません。

この記事に書いてある内容は科学的に効率が良いとされている方法自分自身の経験を組み合わせています。

参考にした書籍はこちら

とても勉強になる本でした。

自分の勉強法に正しいと思える根拠ができるのでモチベーションになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました