断捨離の凄まじい効果を実感、やった方法とコツを解説

日々の生活に役立つこと
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)

『この間掃除したばかりなのにもう散らかってる』『あぁ部屋が狭い』

一人暮らしをしていた私が、常に頭を悩ませていた事でした。

「どうしてすぐ散らかってしまうんだろう?」

答えはとてもシンプルでした。

【物が多いから】

そのことを実感した、私が断捨離をした時のエピソードをシェアしたいと思います。

これから「断捨離をしてみようかなぁ」と思っている方にぜひに読んで頂きたい記事になっています。

この記事の内容

  • 断捨離のやり方・コツ
  • 断捨離で実感した素敵な効果
  • きれいな部屋をキープするために

もともと私は『ミニマリスト』とまではいかないまでも、自分では『物欲がなく、物は買わない方』だと思っていました。

私は最近まで、一人暮らしをしていたのですが、始めた当初から「必要になってから買おう」と決めていて、なるべく物を増やさないようと心がけていました。

それなのに、やっぱり年数重ねてくると知らず知らずのうちに物が増えていたんですね。

いざ断捨離を始めてみたら、出るわ出るわ不用品の山が!

そして私が物を捨てて、スッキリと生活できるようになった方法を書いていきたいと思います。

断捨離で実際にやった方法

  1. 断捨離のやり方、メリットを調べる
  2. 各ジャンルに分けて物を床に並べる
  3. 選別する

まずは、『1.断捨離のやり方、メリット』を調べるですが、私は何事も知識から入るタイプなので、断捨離についても調べました。本を数冊読んで、私が断捨離をすることを決意させてくれた本があります。

メンタリストDaigo著【人生を思い通りに操る 片づけの心理法則】と、近藤麻理恵(通称こんまり)さんの【人生がときめく片付けの魔法】という本です。

私はよくDaigoさんの本を読むのですが、さまざまな論文やデータをもとに、科学的な根拠に基づいたメリットや、方法が書いてあり、文字数もあまり多くなくきれいに構成されているので、よみやすくおすすめです。

今回の片付けについても科学的に根拠のあるメリットのあるが記されていて、「よし!片づけるぞ!」という気持ちにさせてもらえました。

そして、その中で紹介されていた、こんまりさんの 【人生がときめく片付けの魔法】 がまた素晴らしい本で、『この本の方法で片付ければ、こんな素敵な暮らしが待ってるよ』といった、片付けることに希望を抱くような内容でした。

これらの本で断捨離のメリットとや仕方を知り、実際に家にあった物を選別していきました。

捨てるものと残すもの選別方法 

まず最初に、床に物を並べるのですが、いきなり全ての物を床に並べまいい訳ではなく、「服」「本」「食器」「雑貨」「思い出の品」と5つのジャンルで分けて、取り掛かります。

これがなかなか大事で、いきなり「思い出の品」から始めると、それを見返して思いふけったりして、手が止まって進まなくなってしまいます。

なので比較的簡単な「服」か「本」からはじめます。

すべての服を床に並べたら、選別をはじめます。

選別する基準はただ1つ

『ときめくもの』

「えっ?」と思いましたか?

これだけだと、とても曖昧な基準に感じますよね。

でも本当に基準はこれだけなんです。「最近使った」とか「便利だから」「人からもらったものだから」「値段高かったから」などの理由は一切なし!

そのものに触れた時に『ときめくかどうか』だけで判断してください。

そうして残った物の中だけで暮らすと、部屋はスッキリしているし、好きな物しかないのでいるだけでめちゃめちゃテンションあがるんですよね。

余計なものが無くなくなるから、勉強する時なんかも集中してできたりします。

「ちょっと襟元伸びてきたけど、まだ部屋としてなら着られるかな」なんて言うものを着てるとどんどんモチベーションが下がって、他の色々なことにも悪い影響が出てしまうんです。

私はもともとおしゃれにおしゃれに無頓着なので、服は持っていない方だと思っていたのですが、こうやって『ときめく服だけ』残したら、ゴミ袋6袋も出てしまいました。

他のジャンルも『ときめくもの』だけ残したら、大量にあった本やDVDはこれだけになりました。

値段が付きそうなものはブックオフへ持って行って買い取って貰いました。

買い取り額は4万円位になりました。

メルカリなどで売ればもっと高く売れたかもしてないのですが、ブックオフは値段が付かないものも引き取ってくれるので、まとめてまとめて処分するのにはいいなぁと思いました。

部屋がきれいになって、おこずかいももらえて、ときめくものにだけに囲まれて暮らせるようになって最高です。^^

この経験のおかげで、新しく物を買うときはリセールバリュー(売る時の価値)を意識するようになりました。

「服」や「本」で『ときめくもの』だけ残していくと、それが練習になって「思い出の品」など仕分けるのが難しそうなものもスムーズに仕分けられるようになります。

こうして『ときめく部屋』になると、不思議なことに自然と服をきれいに畳むようになったり、少しでも散らかるとすぐに片づけたくなるんですよね。

やっぱり自分が大切にしたいものだけだからでしょうか?

ただ、この部屋をキープするために1つだけ気をつけてほしい事があります。

それは『新しくものを買うとき』です。

新しくものを購入したら、必ず今あるものを1つ捨ててください。

そうしないとまたどんどん『ときめかないもの』が増えていってしまうからです。

新しいものを買うときに今持っている『ときめくもの』を捨てないといけないとなると、購入しようかきちんと考えてから買い物をするようになりますよね^^

以上が私が実際にやった断捨離についてです。

それではまとめに入りたいと思います。

まとめ

1.断捨離にはメリットいっぱい

  • 部屋がきれいになる
  • テンションあがる
  • 集中力があがる
  • 不用品がおこずかいに

2.断捨離のやり方

  • ジャンル分けする
  • 床に並べる
  • 選別する時は『ときめくもの』だけ残す

3.きれいな部屋をキープするために

  • 基本自然にキープされる
  • 1つ買ったら1つ捨てる

最後にひとつ断捨離において1つ大事なことを言い忘れてました。

こんまりさんの言葉を借りて終わりたいとおもいます。

片付けは祭りです。少しづつではなく、短期間で一気に終わらせてください

近藤真理恵

この本めちゃめちゃおすすめです。

断捨離を考えているならぜひ読んでみてください。

あなたの部屋がきれいになることを願ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました