バビロン大富豪の教え 原作と漫画版を読んだ感想 要約まとめ

日々の生活に役立つこと
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)

今回は100年読み継がれている名著【バビロン大富豪の教え】の原作版と漫画版を読んだので、感想と内容の要約を書いておきたいと思います。

この記事の内容

  • バビロンの舞台
  • アルガドの七つの教え

バビロンの舞台

まず、【バビロン大富豪の教え】の舞台である『バビロニア』は現在のイラク辺りみたいです。

現代の金融の原型が作られた場所でもあるそうですよ^^

そこに住むバンシアという少年が、同じくその土地の大富豪アルガドから大富豪になるための知恵を学ぶという内容です。

私は普段ほとんど小説は読まないので、原作版を読んだときに古代を連想させる語り口調や表現が少し読み辛いと思っていました。しかし、漫画版はとてもわかりやすく書かれていたて、時間も一時間も掛からずに読み終えることができました。また、章と章の間には現代に置き換えて例を出しての解説もあって参考になりました。

私のように普段小説読みなれていない人は漫画版を読んでみて、興味が出たら原作版を読んでみるというのが良いと思いました。

では物語の内容はすっ飛ばして、大富豪アルガトが少年バンシアに伝えた7つの大事な教えだけまとめておきたいと思います。

大富豪アルガトが少年バンシアに伝えた7つの教え

1.収入の1/10は貯金しよう

収入の1/10はあらかじめ貯金すると決めておく。後の教えに関わってくるの大本になるのでルールとして守らなければいけないようです。

2.欲求と必要経費を混同してはいけない

間は強欲で、欲しいと思えばお金があるだけ使ってしまう。だからそれが自分に本当に必要かどうかを見極めて、残った9/10でできないことは諦めなさいということだそうです。 しっかりと自分が大切にしたいことだけにお金を使えば生活水準も満足度も下がらないのだそうです。

なるほど、じゃあ貯金の他に自分が何を大切にするか価値観を明確にしておかなけばいけないですね。

3.貯めたお金は貯金したままにしておいてはいけない 働かせよう

お金を貯めたままにしておいてはもったいないので、株や不動産など資産を増やすものに投資しようということですね!事業の拡大や自己投資なんかもこの中に含まれるのでしょうか?その辺りは読み手の取り方次第かもしれませんね^^

漫画版では投資信託のインデックス投資を強くおすすめしていました。私も最近積立NISAの講座を開設してインデックス投資を始めました。しっかりお金が働いてくれるとうれしいです。

4.損失から財産を守る

投資をしても必ず元本を守る。簡単に言いますよね^^;これはかなり難しいなと思いました。その為に漫画版では、お金持ちの人たちの話をよく聞いて、彼らが危険だという商売や投資には手を出さないようにということでした。なかなか実際にはお金持ちと知り合いになるのも難しいし、そういう人たちが書いた本から学ぶのが現実的でしょうか?

5.自分の住まいを持つことは有益な投資

原作では自分の住まいを持つことは心豊かにしてくれる有益な投資だとありました。私はどうしてもココだけが腑に落ちなくて・・・私がこういう資産について色々なところで話を聞いていると、「持ち家は買った時点で負債だ!」「新築戸建は買った時点で価値半分」なんてことを耳にしたことがあります。もちろん賃貸経営をしたりして、お金が入ってくる仕組みが作れればいいのかもしれませんけど、現代の日本ではどうなんでしょうか?

漫画版では 「住まいを持つことは投資だが、広くてきれいなところに住めば良いわけではない。家賃や職場からの距離、環境についてよく考えて住む場所を選びなさい。」ということでした。

2つ目の教えと同様に、自分にとって何が大切なのかをよく見定めて住む場所を決めていきたいと思います。

6.老後の資金と家族を守るための蓄えを用意する

これもまた難しく聞こえますね^^;この本によれば、しっかりと定期的に積立を行っていれば老後の資金を確保するのは難しくないということです。これは一つ目の教えに追随するところがありますかね?常に自分が働けなくなったとこと、老後のことを頭に置いて資産を形成していきたいと思います。

7.明確な目的に向かって、よく学び、自尊心を持って行動する

バビロン大富豪の教えの中では

  • 借金はなるべく早く返すこと
  • 家族の面倒をよく見て慕われるように努めること
  • 思いやりのある態度を示すこと
  • 仕事の技量を高めること
  • 勉強して考えを深くすること

などがあり、誠実さや勤勉さを磨いていくようにするように言われたように感じました。これはすごく大事な教えだと思います。

私はこの分を読んだときにパッと頭に浮かんだ本がありました。その本は『7つの習慣』です。この本は私が最も好きな本で人生のバイブルとなっている本で、その中にある 第2の習慣「終わりを思い描くところから始める」第3の習慣「最優先事項を優先する」によく似ていると思いました。この本についてはまた後日機会があれば記事にしようと思います^^

以上が大富豪アルガドが少年バンシアに教えた7つの知恵でした。

物語はこの先色々な苦難がバンシアに襲い掛かり、それを乗り越えながらさらに成長していくのですが、今回はここまでにしておきたいと思います。

もし気になったら是非実際に読んでみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました