英文法を学ぶ時に一番はじめに知っておくべき5文型の中でさらに基本である3つのSV/SVC/SVO文型のまとめ

英語を身につける
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)

先日【Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル】を一通りやり終えたのですが、その本の中にある『全レッスン修了テスト』で一番最初のレッスンで勉強した、5文型すら全然理解していなかったので、復習を兼ねてこの記事でまとめていきたいと思います。^^

【Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル】のレビュー記事はこちら

英語の文章は、SV/SVC/SVO/SVOO/SVOC という5つの文型から成り立っています。

文型とは、英単語の語順のパターン、単語の並べ方のルールのことを言います。

S=Subject(主語) V=Verb(動詞) C=Complement(補語) O=Object(目的語)

この5パターンがさえ押さえておけば、英文を大きくとらえることができ、複雑な英文も、理論的に解釈することができるようになるということのです。

今回は、5文型のうち後の2つSVOO/SVOC文型は少し複雑になるので、手前の3つSV/SVC/SVO文型をを一つずつ見ていきたいとおもいます.

1.SV文型

SV文型は英文最少単位 

すべての英文には必ずS(主語)とV(動詞)があります。

S(主語)になれるのは名詞のみ

例 I run. (私は走る) 

I(私が)=S(主語)    run(走る)=V(動詞)

このようにSとVだけで話が完結する文のことです。

2. SVC文型

SV+C SV文型にC(補語)が追加された型 

C(補語)とは、S(主語)について説明する語です。

例 You are pretty.

You=S(主語) are=V(動詞) pretty=C(補語)

※areは『be動詞』という動詞

このようにSとVの You are だけでは意味が分からいない分でC(補語)で主語についての説明をしている分です。

こう見ると、be動詞がある文はすべてSVC文型になるように思えますが、それは違うようです。

例 You are in the library 「あなたは図書館にいます」

be動詞は存在を意味することもできるので、You are 「あなたはいる」で文が完結することになり、SV文型ということになります。

be動詞の文で、SV文型かSVC文型かを見分けるコツがあります。

それは、S(主語)=C(補語)なっているかどうかです。

You are pretty 「あなたはかわいい」では You=pretty ですが、

You are in the library 「あなたは図書館にいます」 You≠library なので SV文型になります。

では、You are from Nagoya はSV文型とSVC文型のどちらでしょう?

答え

You are from Nagoya「あなたは名古屋出身です」なので、

あなた=名古屋出身でSVC文型になります。

SVC文型のV(動詞)はS(主語)とC(補語)橋渡し役として覚えておきましょう。

3.SVO文型 

SV+O SV文型にO(目的語)が追加された型

例 You play volleyball「あなたはバレーボールをします」

You play(あなたはします)だけでは何をするのかわかりません。

そこで、O(目的語)を追加してなにをするのかわかるようにします。

SVO文型 S(主語)≠O(目的語)なので 

SVC文型 S(主語)=C(補語) と見分けがつきます。

以上が英文法を学ぶ時に一番はじめに知っておくべき5文型の中でさらに基本である3つのSV/SVC/SVO文型のまとめでした。

これからもがんばって勉強していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました