スピードラーニングを9ヶ月流してTOEICを受験した結果

英語を身につける
スポンサーリンク
こんにちは!世界一周に向けて準備中のアラサー独身サラリーマンのこうへいです。(@heykoheihey0824)

今回は1月12日に初めて受験した【TOEIC Listening&Reading】の結果が届いたので記事にしたいと思います。^^

はじめに受験した動機なのです。私は会社員をしていますが、鉄鋼所の現場作業員で今のところ仕事では、英語でのコミュニケーションスキルの必要性を全く感じていません。転職を考えているのかというとそんなこともなく、今の仕事を続けていこうと思っています。

では、なぜTOEICを受験したかというと、ここ数年私は夏休みを利用して海外に一人旅をしているのですが、その時に「もう少し英語ができたらいいなぁ」と思ったのがきっかけで英語の勉強を始めました。

その時に一番とっつきやすいかなと思って購入した『スピードラーニング』のアプリを聞き流して半年ほど経って、今の自分はどれ位の英語力があるのか知りたくなって受験しました。

つまり、自分の実力を知る為ですね^^

TOEICの申し込みから試験日までの約一か月間は『スピードラーニング』の聞き流しの他に単語帳をパラパラとめくってみたり、 『7日間でできる中学英文法』的なテキストと問題がセットになった薄い参考書をやりました。

これは『スピードラーニング』の聞き流し時間を表示してくれるアプリの画面なのですが、画像は現時点のものなので、受験した時は本編だけで約300時間程聞いていたと思います。他におまけのコンテンツで童話などのオーディオブックもあるので、合計で400時間くらい聞いていました。

そして受験を終えた感想ですが、思ったより全然難しいなと思いました。正直リスニングなら「もう少し聞き取れるかな」と思っていました。リーディングの方は読んでもほとんど意味わからなかったし、最後の方は時間が足りず、紙を眺めただけでマークシートに記入するような状態でした。

そして届いた結果がこちらです。

リスニング175点、リーディング115点、合計で290点です。

4択もしくは3択の問題が200問の試験だから・・・ん!?

適当にマークしてもこれくらいの点数になりまね^^;

詳細を見てみると、リスニングの方は[短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる]の項目が平均より少し下、これはアベレージが高いから簡単なんでしょうね。その他は平均よりもかなり下です。

リーディングの方は[文章の中の具体的な情報を見つけて理解できる]が平均よりちょい下、[文法が理解できる]が著しく低いですね。

ちなみに[TOEIC 290点]とインターネットで検索で検索したところ、290点の人の特徴として、

・中学基礎英語が理解できていない

・知っている単語の数が少ない

・長文になると知らない単語が出てきて意味が分からなくなってしまう

・試験の最後は時間が足りなくなり、マークするだけ

などの特徴があるようです。

まさしくその通りですね。私は中学の時から英語の授業で、耳を塞いでうずくまっていたので文法の事なんて全然わからないし、試験中もすぐに分からない単語出てきてちんぷんかんぷんになってました。

適格に指摘されていて、正直この結果は悔しいし、「まぁこんなもんか」と思いつつもやっぱり悲しいです。

というわけで、また勉強し直して来年リベンジしたいと思います!

その為には勉強方法を変えていかないといけないみたいですね^^;

これからの勉強法として

・中学英文法の基礎を身に着けるためにその手のしっかりしたテキストをやる

・語彙力を増やすために空いている時間を利用して単語帳を見る

・試験の前にはTOEIC公式問題集を解いて試験に備える

ということをやっていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました